相続する不動産の評価

相続する財産に不動産が含まれることもありますよね。
比較的高額になることも多い資産ですから必ずもれがないように財産目録に載せておきましょう。
そしてこのときにはその資産の評価額も載せるのが一般的です。
現金ならその金額がそのまま評価額になるところですが、不動産は自分でその評価を行わないといけません。

不動産の評価方法はいくつかあるのですが、ここでは相続税のための評価額の方法をご紹介します。
まず土地の評価方法ですが、路線価方式か倍率方式かのどちらかになります。
路線価が決まっているなら路線価で、それがないなら倍率方式で評価するのです。

路線価とは道路についている単価のようなものです。
主に市街地に設定されていることが多いですね。
全国各地の路線価情報はインターネット上で公開されていますから簡単に確認できます。
相続するその不動産の所在地の路線価情報を調べてください。

もし路線価が確認できたらそれを使って土地の評価額を計算します。
計算方法は「その土地の面積×路線価」となります。
土地の面積については登記情報などで正確な数字を確認してください。

このように路線価を使って計算できるのですが、路線価が決まっていない地域もあります。
市街地などではない地域になるとこれが決まっておらず、路線価での計算ができないのです。
このときは倍率方式という方法を使って計算します。
路線価と同じように地域によって所定の倍率が決まっていますからそれを確認してください。
倍率も路線価と同じようにインターネット上で公開されています。

その不動産がある地域の倍率を確認したら、それを使って土地の評価を行います。
計算方法は「固定資産税評価額×倍率」です。
固定資産税評価額とは市町村から毎年送られてくる書類に記載がありますから、故人の持ち物の中からそれを探して確かめる形となるでしょう。

このようにして土地の評価額は計算できるのですが、その土地の上に何か建物が建っていることも多いですよね。
このときはその建物の評価も行います。
これは非常に簡単で、その建物についての固定資産税評価額をそのまま使うのです。

このようにして相続する不動産の評価は行えるのですが、もしその土地や不動産を賃貸目的で活用している場合、評価方法が変わります。
また別の計算式でそれを計算する形となり、先にご紹介した方法での評価額よりも少し下がることが多いです。
それが相続税の計算のための評価額ならこのように自分で方法を確認すると対応できますが、もし自分での対応が難しいと思ったり、相続税とは関係ない評価額を出したいときは専門家に相談するといいでしょう。