相続する不動産の評価

相続する財産に不動産が含まれることもありますよね。
比較的高額になることも多い資産ですから必ずもれがないように財産目録に載せておきましょう。
そしてこのときにはその資産の評価額も載せるのが一般的です。
現金ならその金額がそのまま評価額になるところですが、不動産は自分でその評価を行わないといけません。

Continue reading “相続する不動産の評価”

遺言書を作成すると相続税の申告がスムーズにできる

遺言書は被相続人が亡くなる前に、遺産相続に関しての最終的な想いを伝えるものとして作成します。
遺言書に記載された内容は、残された家族への最低限の財産保証となる遺留分を侵害していなければ、法律で定められた割合よりも優先されるのです。
その為、相続人同士がもめることなく遺産分割・相続税申告が円滑に進められるようにと、遺言書を残す被相続人も少なくありません。
Continue reading “遺言書を作成すると相続税の申告がスムーズにできる”

相続税申告で必要になる印鑑証明も遺言書の有無で異なる

相続税申告は申告書だけではなくて、たくさんの添付書類を用意する必要がありますし、相続税申告期限は10ヶ月と短いので書類を準備する期間も注意が必要です。
相続において戸籍と同等程度必要になるのが印鑑証明書で、相続申告手続きで印鑑証明書が必要になるケースを知っておくと参考になります。
Continue reading “相続税申告で必要になる印鑑証明も遺言書の有無で異なる”

相続税申告に必要となる添付書類と遺言書の有無

通常、相続税申告書は税務署から送られてくるか、税務署へ自分で取りに行くかで用意できますが、その相続税申告書のみでは申告の受け付けはしてもらえません。
相続税申告書に記載されている申告内容が適正であることを証明するための添付書類を添えることが求められるのです。
法律により提出が定められている添付書類のひとつは、亡くなった人の死亡事項が記載された戸籍謄本となります。
そして、もうひとつは相続時精算課税制度の適用があった場合に、その適用のあった人と亡くなった人の戸籍の附表で、実はこの2つだけなのです。
Continue reading “相続税申告に必要となる添付書類と遺言書の有無”

孫に遺言書で財産を残すのなら相続税も考えて

自分が亡くなったら孫に財産を譲りたいと考えている人いるでしょうが、孫が法律上の相続人になるケースは少ないため、孫に遺産相続させるには事前の対策が必要です。
孫に財産を相続させる方法のひとつは孫と養子縁組をすることで、養子は実子と同様の相続権がありますので、養子縁組をすれば孫にも財産を相続させることが可能になります。
Continue reading “孫に遺言書で財産を残すのなら相続税も考えて”

被相続人が遺言書で寄付する場合の相続税は?

自分の財産の一部または全部を死亡時に寄付したい時には、被相続人が遺言書にその内容を記載するというのが一般的で、それを遺贈寄付と言います。
このように遺言書で遺贈寄付することは可能なのですが、相続税など税金上は意外と面倒な取扱いとなるのです。
Continue reading “被相続人が遺言書で寄付する場合の相続税は?”

遺言書の有無に関係なく期限内に相続税申告書の作成を

遺言書を残すことにより自分が死んだ後の相続に関して自分の意思を次世代に実現してもらうことが可能です。
遺言書で残せる内容は基本的に、法定相続分とは異なる遺産の分配比率・分配方法・相続人以外への遺贈・相続人の廃除・遺言執行人の指定などがあります。
ですから、被相続人が亡くなった場合には、まず遺言書の有無を確認して、もし遺言書がある場合は家庭裁判所に遺言書を提出して検認を受ける必要があるのです。
万が一勝手に遺言書を勝手に開封してしまうと、相続人であっても罰せられるので、発見したからと言って勝手に開封してはいけません。
Continue reading “遺言書の有無に関係なく期限内に相続税申告書の作成を”

遺言書で取得した遺贈は相続税の対象になるので計算を

被相続人が作成した遺言書により相続人や相続人以外の人に、遺産の全部か一部を与えることを遺贈と言いますが、一般的には相続人以外の人に対するものを遺贈と考えます。
それから、この遺贈により取得した財産についても相続税の課税対象になるので、相続税の計算が必要になるのです。
ただ、被相続人の親族ではない他人に対して遺産を与えるのだから、相続税ではなくて贈与税ではないのかと疑問に考える方もいるでしょう。
しかし、贈与税は生きている人から取得した時に課税対象となる税金で、亡くなった方からの遺贈については相続税の対象になるのです。
Continue reading “遺言書で取得した遺贈は相続税の対象になるので計算を”

遺言書がある場合の相続税申告での印鑑証明書は?

被相続人が残した財産を相続人で分ける場合ですが、遺言書があればその内容に沿って遺産をどのように相続するかが決まるので、相続人同士での話し合いは必要ありません。
ですから、遺言書に沿って遺産分割をして、そのまま相続税の申告手続きをすることができます。
一方遺言書がない場合には、遺産分割協議と呼ばれる相続人間での話し合いで財産をどのように分割するのかを協議して決める必要があって、その決まった内容を遺産分割協議書という書面にして取り交わすのです。
この遺産分割協議書を作成する際には、相続人全員が実印で押印する必要があって、それに伴い印鑑証明書の提出も必要になります。
Continue reading “遺言書がある場合の相続税申告での印鑑証明書は?”

遺言書がある場合の相続税申告までの流れ

被相続人が遺言書を作成していた場合で、遺産分割の方法を指定した時や、遺産分割の方法を定めることを第三者に委託していた時の取扱いについて知っておく必要があります。
封印のある自筆証書遺言・秘密証書遺言を発見した場合には、家庭裁判所で相続人かその代理人の立会いのもとに開封して検認を受けなければなりません。
また封印のない自筆証書遺言の場合も家庭裁判所で検認の手続きが必要となりますが、公正証書遺言の場合は家庭裁判所における開封や検認の手続きは不要です。
Continue reading “遺言書がある場合の相続税申告までの流れ”